COLLABOWORKS

  • Column

  • コラム

「本質行動学」修了レポート(5)〜エグゼクティブの成果をあげる能力〜

2020/05/31   カテゴリー:

2020年1月から3月にかけて毎週通ったエッセンシャルマネジメントスクール(EMS)!最後に提出するのが修了レポート。そのレポートは、どのように実生活や仕事に活かすことができたか、新たな気づきや改善した行動、導入した仕組み、その成果や課題、自分の深化(進化)した点を書くのが目的。その修了レポートで自分をあえて「りゅーた君」と名付けコラムで公開してみる。

 

ドラッカーの味わい深い言葉

 

もともと、このEMSを受ける動機としての「自分らしさで働けることが、なぜ、起きているのか知りたい」に戻るとしよう。それを知る手がかりになったドラッカーの味わいぶかい言葉。

 

『エグゼクティブの成果をあげる能力によってのみ、現代社会は2つのニーズ、すなわち個人からの貢献を得るという組織のニーズと、自らの目的の達成のための道具として組織を使うという個人のニーズを調和させることができる』(ドラッカー)

 

自分らしく働けていることを構造化

 

ここから、サイボウズでの りゅーた君の振る舞いを構造的に整理した。経営者ではない りゅーた君が持っている、自らの目的の達成のための道具として組織を使うという個人のニーズは、なんだろうか。ちょうど、昨年、自分の個人事業コラボワークスのWebサイト(https://collaboworks.jp/about)を作った時に個人のニーズは言語化をしていた。

 

 

それは、「呼吸するように生きる・働く….人、組織、社会に」というニーズだ。そのために、選んでいるサイボウズ。選ばれた会社の「エグゼクティブの成果をあげる能力」、すなわち「自らの組織のミッションを考え抜き、定義すること」によって導き出された組織の目的、「チームワークあふれる社会を創る」だ。

 

情報格差のない自律分散社会モデルを創る

 

この2つのニーズを調和させている言葉が、りゅーた君がやりたい、社長室のスローガンである「情報格差のない自律分散社会モデルを創る」に位置付けられていることをこの修了レポートで認識できた。

つまり、個人のニーズの「呼吸するように生きる・働く….人、組織、社会に」にすることが、社長室のスローガンである「情報格差のない自律分散社会モデルを創る」を後押しし、その先にあるサイボウズのPurposeであるティールっぽい「チームワークあふれる社会を創る」に貢献するという構造が浮かび上がる。

まさに、ドラッカーが言っている個人のニーズと組織のニーズを調和させている状態だ。でも、この構造を作りあげるまでに少なくとも2年くらいはかかっている。

 

➡︎次回は、「ハッピーセットWill, Can, Must

 

お問い合わせ先
コラボワークス コンタクトページ まで。

  • Related Entry

  • 関連する記事

「本質行動学」修了レポート(4)〜自分の肯定が人を肯定することにつながる〜

2020年1月から3月にかけて毎週通ったエッセンシャルマネジメントスクール(EMS)!最後に提出するのが修了レポート。そのレポートは、どのように実生活や仕事に活かすことができたか、新たな気づきや改善し

経済記者から見えた「ブランディングの学び」

相馬留美/雑誌記者/フリーランス/現在は「週刊ダイヤモンド」「ダイヤモンド・オンライン」を中心に執筆中 「自分は一体何が好き?」と問いかける 今回、副業とパーソナルブラ

「信頼」ってなんだ?

「信頼」されてない?ってどういうこと? コラボワークスの経営方針「 “好きと生きる” の信頼から、生態系コラボレーションによって、価値の新しい可能性を生みだす 」の中に書いてある

一級建築士から見えた農に生える「ワーキングハウス」建築素材‼️

2019年7月19日、農地での多目的仮設空間の建築実証実験の第一回目。東京大手町にある「AgVentureLab」の場所をお借りして始まった。一級建築士事務所 ウエノアトリエの長谷川さんがカバンの中か